プラセンタ通販で購入

サプリを飲むタイミングや副作用など

サプリのパッケージやボトルを見ても、
何粒という目安だけで飲む時間までは記載されていないため、いつ飲んだらいいのか分からないという経験はありませんか?
それはなぜかと言えばサプリは「薬ではない」からです。
薬に似ていてもサプリは食品に分類されているため、摂取時間を明記することは法律で禁止されています。
サプリを出しているメーカーも、明記したくても書けないという事情があったのです。

 

 

ではサプリはいつ飲んでもいいのでしょうか?
もちろんいつでも構いません。

 

 

しかし、サプリの種類によっては適した時間に飲むことでより効果が期待できると言われています。

 

 

<サプリの摂り方>

 

ビタミン・ミネラルなど、基本的なサプリは食後がベストです。
空腹時では胃が荒れてしまうことがあるのと、食後であれば胃の中の内容物と混ざり効率よく吸収できます。
数粒摂取する場合は一日のうちで数回に分けて摂取したほうが上手くカラダに吸収されます。
ダイエット目的の食物繊維は食前の30分〜1時間に。
ブルーベリーなどは食後に。
DHA・コエンザイムQ10は、食事中または食後に飲むと吸収率が高くなります。

 

<サプリの副作用>

 

どんなに身体のためと言っても、過剰摂取してしまえばそれが副作用として出てしまいます。
副作用は様々ですが、上限量を超えて摂取してしまうと、吐き気・嘔吐・下痢・便秘など、その他にも危険な副作用が発生してしまうリスクがあります。
摂取量はきちんと守り、効果的にサプリを取り入れましょう。