プラセンタ通販で購入

馬プラセンタと豚プラセンタでは含まれる栄養がこんなに違う!

豚プラセンタと馬プラセンタとでは、体から出てくる形状も違うのですから栄養の方も違います。
馬プラセンタの魅力は豚プラセンタに比べて、含まれるアミノ酸量が非常に多いということです。

 

豚は1年に2度の出産をして何頭もの子豚を生みますが、馬は1年に1度の出産で1頭しか生みません。豚の胎盤が薄い膜のようなものであるのに対して、馬の胎盤は人間の胎盤と同じような臓器なのです。

 

豚プラセンタのアミノ酸含有量に対して、馬プラセンタに含まれるアミノ酸量は300倍近いと言われています。馬のプラセンタに含まれる必須アミノ酸のうち6種類のアミノ酸が豚プラセンタには含まれていません。ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、メチオニン、トリプトファン、シスチンが、馬プラセンタには含まれていて、豚プラセンタには含まれていないということです。

 

プラセンタを摂る上で、注目されるのが「成長因子(グロスファクター)」です。
成長因子は10歳くらいから減少し始め、20歳を超えると急激に減少していくのですが、プラセンタは成長因子の働きを助ける組織なのです。この成長因子には色々な種類があり働きもそれぞれ違いますが、細胞分裂を活発にさせ、新しい細胞を生み出し、新陳代謝を盛んにするのです。

 

具体的な働きは、免疫を向上させるもの、自律神経やホルモンバランスを整えるもの、育毛関節痛に効果があるもの、肝機能の向上や肝障害の改善を促すもの、皮膚・角膜・肺・気管等の上皮細胞の増殖を助けるもの、シワ・たるみを改善し肌の透明感をます働きのあるものなどがあります。これらの種類の成長因子が豚と馬のプラセンタに含まれています。