プラセンタ通販で購入

【保湿が高い化粧水を使っているのに…】

私もかつては乾燥肌がひどい肌でした。巷で話題の
保湿力の高い化粧水をつけているのに、イマイチ改善できない(T_T)

 

でも、よく考えたらもしかしたら、自分の化粧水使い方が間違っているのかも?と考えたら、実際にそうだったりしたんです!

 

【保湿力も大切だけど、使い方を見なおしてみよう!】

 

普段使っている化粧水でも、保湿力はそれなりにあります。
でも、もっと効果的に使えれば高保湿な化粧水じゃなくても効果的になり、もちもち肌になれる可能性があります!

 

まずは、洗顔から。洗顔は一番大切ですね。よく、朝は洗顔をするのに水洗顔のみでOKなんて聞きます。水洗顔といっても冷水で洗うのではありません。
ぬるま湯で洗うというのが大きなミソなんです。

 

34〜35度ぐらいのぬるま湯を張った洗面器に手のひらで水をすくって
顔をいれます。お湯を押し付けては離すというのを繰り返します。
決してこすってはいけません!

 

こうすることで、余分な皮脂を流して、必要な皮脂を残しておくことができます。水洗顔後の化粧水は基本的にはいらないそうですが、つっぱりを感じたらつけるようにしましょう。

 

【つける順番を守ってみよう】

思いっきり化粧水を使いたいときって、こう、頬からつけたくなりますよね。でも、化粧水の本当の使いドコロは、乾燥しやすいところから。
乾燥しやすいのは、目元→口元→頬、アゴのライン、おでこのライン、鼻の順番で。

 

【適量を手にとって両手でこすりあわせて温めてから】

いきなりお肌にバシャバシャと付けてはいませんか?
冷たいままだとお肌がびっくりしてしまいます。

 

まずは、適量を手にとって両手でこすりあわせて、化粧水を温めるようにしましょう。
こすることによって、肌になじみやすくなります。
つけるときは、擦らないように。

 

【手のひらでおさえつけるように】

化粧水をつけるときは、コットンを使う人もいますが、
手のひらのほうがおすすめです。

 

力を入れずにふんわりとやさしく包み込むようにして肌になじませましょう。