プラセンタ通販で購入

化粧水は保湿が重要!正しい化粧水の使い方

今までなんとなーく。スキンケアの最初に使う化粧水。
いいものを使えば肌がキレイになると思っていた時期もありました。
しかし、高いものでも安いものでも、間違った使い方をしていればお肌への効果は期待できません。

 

正しい化粧水の使い方をマスターすれば、お肌が生まれ変わっていくのを感じます。しかも、ニキビや乾燥知らずにもなれます。
ぜひ化粧水の使い方をマスターして、美肌づくりに励みましょう。
スキンケアも立派なアンチエイジングの一つです。

【適量って正直どれぐらい?】

化粧水の使い方には「適量を手のひらにとってお肌になじませて…」と書いてありますが、正直アバウトすぎますよね。
親切なものだと、500円硬貨ほどとか、パール1個分とか書いてありますが、それもなんだかアバウトで足りないかも?と思うほど。

 

実際の適量というのは、少しずつ量を増やしたり、減らしたりして自分の肌が最も満足する実感を探し求める…のだそうです。適量ってなんですかね。

【化粧水をつけるときの手の使い方】

化粧水はコットン派と手のひら派にわかれるみたいですが、
コットンはお肌を傷つける恐れがあるので、なるべく手のひらでつけるようにしましょう。

 

手はあらかじめ、洗面器にためたお湯につけたり、布団のなかに入れたりして温めておくことがいいそうです。冷たいままの化粧水を肌につけると、肌に刺激や肌になじみにくくなったりするそうです。

 

手のひらに適量(自分がいいなぁと思う量)を出して、手のひら全体に化粧水を広げて、手のひら全体で顔を覆うようにしましょう。こすってはいけません!

 

そして、手のひら全体で顔をやさしく包み込みながら頬、額、アゴ、鼻や目の周りに軽くやさしくプレスしながらなじませましょう。強くしてもダメです!

【化粧水がお肌になじみにくい場合は…】

化粧水を付ける前に蒸しタオル(ホットタオル)をレンチンで作りましょう。やけどしない程度に少し熱いかな?ぐらいの温度でやさしく顔を抑えましょう。毛穴が開いて化粧水が入りやすくなります♪